ネイリストになるために資格は必要?

女性の憧れの職業として挙げられることの多い「ネイリスト」。
ネイル初心者の方の中には漠然と「ネイリストになりたい!」と思っていても、
具体的にどうすれば良いか分らない人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
それでここでは初心者の方向けに、ネイリストになるために必要なことについて、大まかにご説明しますね。

 

多くの人が「ネイリストになるためには資格が必要」と考えていらっしゃるかもしれません。
でも、実は法律的に言えば、ネイリストになるために資格を取る必要はないんです。
ネイリストの資格として「ネイル検定」というものがあります。
これは民間資格です。
国家資格とは違って、絶対必要というわけではありません。
極端に言えば「私はネイリストです」と言い切ってしまえば、超初心者でも「ネイリスト」になれるというわけ。

 

ただ、そうは言っても実際にそんな風にしてネイリストになる人はいません。
顧客の立場になって考えてみても、検定に合格した資格のあるネイリストさんの方に頼みたいに決まってますよね。

 

またネイルサロンやエステサロンなどでネイリストとして働く場合でも、
最低でも検定2級以上を持っている人でないと雇ってもらうことは難しいようです。

プロのネイリストになるための資格

プロのネイリストになるためには、通信教育講座などを受講しながらネイリスト技能検定試験を受験。
資格を取得します。

 

この技能検定試験は、民間資格です。
国家資格として認められていません。
でも、ネイルサロンなどで将来働きたいと思う人は、2級取得は必要ですよ。

 

「自宅で好きな時間に自分の指先を綺麗にネイルアートしておしゃれを楽しみたい」
「自分の指先だけではなく、友達の指先も綺麗にしてあげたい」
そう思っている人は資格を取る必要がなく、ネイルアートを楽しめます。

 

でも、やっぱりネイリストの資格を持っているとやる気や好奇心がもっと湧いてきますよね?
それに美しくなってもらえると言う楽しみが増えてくるし…
自己流で、間違ったやり方を覚えてしまうと、せっかく楽しくしているネイルアートも台無し。

 

そうならないためにも、ネイルスクールや通信教育などで、
ネイルの基本と爪の基本、ケアの仕方、カラーリングやアートの基礎をしっかり学ぼう。