ネイリスト向きの人のタイプとは

ネイリストって、常に細かい作業をします。
だから、ネイリストに向いている人は、長時間、集中力を維持することが出来て、細かい作業が好きな人。

 

でも、その前にネイルについては、常に最新の情報を収集しておく気配りも必要です。
それに、おしゃれが好きな方がいいですね。

 

お客様によっては、お客様のニーズに合わせてオーダーを受けます。
出来ないと言うなんて、決して許されません。
だから、常に自分なりに何かを作り出す発想力を持ち続ける努力も大切。

 

どの職種でも、常に向上心が必要ですが
特に今人気のネイリストは、毎年、様々な手法が出てくるし、デザインだって派手になってくるので
新しい技術を自分のものにして行くチャレンジ精神は、常に忘れずに持っておかなければいけません。

 

今の技術のまま止まっていてはダメな職種だから、新しい技術を身につけ、
今よりももっと素晴らしいものにして行く努力を求められているのが、ネイリストと言えますね。

人と接することが大好きがプロのネイリスト

ネイリストの仕事は、お客様の指先を綺麗に演出する技術力だけでは
決して、プロのネイリストとは言えません。

 

ネイルに関する高い知識と技術を持っているだけでは不足です。
やっぱり、プロと言える人は、技術と知識、それと同時に
お客様に笑顔を絶やさず接することが出来る人。
そう接客技術が大事になります。
また、この人にネイルをしてもらいたい!そう思ってもらわなくてはいけませんから。

 

ネイルアートにかかる時間は、大体、初めから終わりまで、平均して2時間程度です。
その間、お客様と向かい合っていなければならないってことになります。
黙って、無言のまま2時間程度過ごすことなんて絶対出来ないはず。
親しく世間話やネイルの話、最近流行しているネイルはどんなものかなど
空間を楽しく演出する気配りもネイリストには必要です。

 

技術だけいくら上等でも、何もしゃべれないネイリストでは駄目。
高度の技術を提供しながら、お客様に楽しんでもらえる時間と空間を演出できる人がプロ。
ということですね。

プロのネイリストに近づくためには

「将来プロのネイリストになりたい」人は、まず、通信教育などを受講して
ネイリスト技能検定試験の3級合格を目指して、爪、ネイルの基本等の基礎知識と技術を学ぼう。

 

次に2級を目指して、ネイルアート、ジェルネイル、リペア(修復)、フットネイル、ハンドマッサージを学習。
2級と同時に、ジェルネイル技能検定試験の初級を目指すことも可能です。

 

ほとんどの人が、ジェルネイル技能検定試験の初級と一緒に、2級資格取得を目指しています。
この2級の資格が、ネイルサロンでも通用する実践力を身につけた証にもなるものです。
だから、このネイリスト2級資格を取得すると、あこがれのネイルサロンへの就職も夢ではなく、現実化してくるわけ。

 

最近のネイルサロンでは、この2級資格取得者を求めているところが多くなっています。
雇用条件になっている場合もありますから、頑張ってネイリスト2級とジェルネイル初級を取りたいですね。